【お役立ち情報】小顔には優しくマッサージ

自分に自信を無くしてしまうと何事にもネガティブに考えてしまい、良い方向へ進むことが出来なくなってしまいます。
エステで美容術を受けることでずっと悩んでいた悩みが解消され、きっとポジティブな考え方が出来るようになるでしょう。 当サイトの管理人がこれまでに試したマッサージの中で最も効果を実感することの出来るマッサージ方法が造顔マッサージなのです。
毎日しっかりと続けることによってさらんる効果を期待することが出来ます。

 

軽く肌をなでるようにして優しくマッサージを施術していくのが、一般的に知られているような小顔マッサージとなります。
場所により痛気持ち良い程度の圧力をかけて造顔マッサージをしていくことが大きなポイントとなります。中でも有名な田中宥久子さんが発表をした造顔マッサージがオススメであり、顔に対してのリンパマッサージ方法は様々存在します。
凝りをほぐしていきながら顔に凝りがあることを発見し、一日3分のマッサージでアンチエイジング効果を得ることが出来ます。

交通事故治療 千葉
http://chiryouin.biz/branch/page/2/
交通事故治療 千葉の情報



【お役立ち情報】小顔には優しくマッサージブログ:170821

大人と子どもとでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
子どもにとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
子どもが食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

子どものご飯においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

子どもが摂取する穀物の多さこそ、
子どもの脳の発達を促すことになるのだ。

母親としては、
子どもの栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
母親が大量におかずを作ってしまうと、
子どもは穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな子どもが育ってしまうのである。

子どもには日本の伝統的なご飯で充分。
ご飯に味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢なご飯を出していては、
子どもはバカになるだけ…

子どもというのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ肉体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は子どもみたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
子どもはそうはいかないのである。


このページの先頭へ戻る