【お役立ち情報】小顔には優しくマッサージ

自分に自信を無くしてしまうと何事にもネガティブに考えてしまい、良い方向へ進むことが出来なくなってしまいます。
エステで美容術を受けることでずっと悩んでいた悩みが解消され、きっとポジティブな考え方が出来るようになるでしょう。 当サイトの管理人がこれまでに試したマッサージの中で最も効果を実感することの出来るマッサージ方法が造顔マッサージなのです。
毎日しっかりと続けることによってさらんる効果を期待することが出来ます。

 

軽く肌をなでるようにして優しくマッサージを施術していくのが、一般的に知られているような小顔マッサージとなります。
場所により痛気持ち良い程度の圧力をかけて造顔マッサージをしていくことが大きなポイントとなります。中でも有名な田中宥久子さんが発表をした造顔マッサージがオススメであり、顔に対してのリンパマッサージ方法は様々存在します。
凝りをほぐしていきながら顔に凝りがあることを発見し、一日3分のマッサージでアンチエイジング効果を得ることが出来ます。

交通事故治療 千葉
http://chiryouin.biz/branch/page/2/
交通事故治療 千葉の情報



【お役立ち情報】小顔には優しくマッサージブログ:171115

子供は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「体操」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

子供はとにかく体を動かしまくるものだが、
子供が体を動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも子供の脳のシナプスを増やすことになるので、
母親は子供から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

子供は午後間活動しまくると、22時は熟睡をするもの。
子供は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる子供など1人もいない。

子供がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に子供は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
子供が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
子供は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
母親が必死になって育児をしているために、
その姿が子供にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したような母親は、
子供の脳の成長に大損害を与えているのであって、
子供が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。

 

このページの先頭へ戻る